専門業者に引取って貰いましょう

漁船

多くの漁師や事業者は一定期間が経過した後、漁船を買い替えています。波や潮、風雨等の影響により経年劣化してしまうだけではありません船底の塗料が剥がれたり、傷む事で漁そのものが出来なくなってしまうのです。漁船は定期的に、メンテナンスを受ける事が義務付けられています。年月が経てば経つほど、費用は増加してしまいがちです。また免許所有者は、適宜講習を受けそれを更新しなければなりません。中古漁船は所有するだけで維持、メンテナンスに膨大な費用が掛かってしまうのです。地球温暖化の影響からか、漁獲量も年々減少しています。漁で生計を維持するのが困難な状況に追い込まれ、廃業を決める漁師も少なくありません。廃船にする場合、一定の費用負担が生じます。それを極力軽減する為にも、中古漁船は専門業者に買取って貰ったほうが得策です。

高価買取が期待出来ます

工事現場

中古漁船は廃船にするより、買取専門業者に引取って貰いましょう。船体の状態が良くなかったり、マイナーなメーカーであっても大丈夫です。国内外で日本製の漁船を、購入する方が急増しています。脱サラしIターン、Uターンして漁を始める若者にとって、中古漁船は魅力に満ち溢れているのです。また海外でも日本製、海外製の中古漁船に対する需要が高まっていますので、高価買取が期待出来るかもしれません。専門知識が豊富なスタッフが、中古漁船の査定を行います。近くに買取専門業者の店舗がない場合、オンライン査定も可能です。漁船の画像を撮影し、それをフォームやメールに添付する形で買取専門業者へ送付します。査定終了後、スタッフが即座に結果を通知します。結果に納得出来なかった場合、契約は成立しませんのでご安心下さい。査定料、出張料等何らかの名目で、料金が請求される事はありません。

高価買取される理由とは

船

人口増によって、魚類そのものに対する需要が増えています。その為新興国や途上国を中心に、日本製の中古漁船を輸入する傾向にあるのです。日本では国産、外国産問わず漁船に対し、しっかりとメンテナンスが行われています。近海に限らず、遠洋での操業にも耐えられると評判です。査定には出張査定、オンライン査定という2つの方法があります。実際にスタッフを派遣し、その場で査定を行うのが出張査定です。オンライン査定ではデジカメやスマートフォンで漁船を撮影し、画像を送付して査定行います。従って全国どこにいても査定を受け、買取って貰う事が出来るのです。買取られた中古漁船は、エンジニアによってメンテナンスが行われ、安価で販売されます。船体が傷んでいたり、航行不能な漁船でも問題はありません。各種法令を遵守した上で、解体され部品等を取り出します。部品に対する需要も多い為、どのような状態であっても中古漁船は、高価買取される可能性が極めて高いのです。